消費者金融に比べて、銀行ということでなんとなく安心感のある銀行カードローンですが、実際そのカードローンで自己破産にまで至る人も少なくありません。しかも銀行カードローンは消費者金融と違って即日融資ができなくなりました。

※即日融資を希望する方は以下が参考になります。
即日融資Quick

カードローンの落とし穴はいったいどこにあるのでしょうか。

「銀行」の安心感

消費者金融から借金をする、というと、お金を借りた経験のない人は特に抵抗を覚えるものです。しかし、銀行からお金を借りる、というとどうでしょう。すでに住宅ローンを組んでいたりすることもあって、消費者金融に手を出す勇気はないけれど、普段取引している銀行からちょっと借りるくらいなら、という気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

もちろん金利は消費者金融より安いとはいえ、お金を借りることに変わりはありません。こうして気軽にお金を借りることから、どんどん借金が増えてしまう人も少なくないのです。

銀行もカードローンに注力

もともと、銀行の融資と言えば住宅ローンや企業への貸し付けなど、大きな額の融資が中心でした。しかし、政策の変換などによって金利が全体的に下がったことで、銀行はそれだけでは厳しくなっており、生活苦などでニーズが増えていたカードローンに力を入れるようになっています。

実際、銀行によるカードローンの融資実績は年々増えており、総量規制や金利による規制、過払い請求などで元気のない消費者金融から銀行カードローンに流れている人が増えているのです。

※ただ、現在は銀行の貸し過ぎ問題や警察のデータベース照合などで即日融資はできなくなりました。

総量規制がない

総量規制は、消費者金融からの返済不可能なほどの借金を重ねないように、借入総額をその人の年収の1/3までにするという法律で定められたものです。

この総量規制は貸金業法によるものなので、銀行法の支配下にある銀行カードローンには適用されません。そのため、きちんと返済を繰り返していれば、年種の1/3を超える額の借り入れも可能であり、実際にそうして大きな金額を借り入れしている人も増えているのです。

総量規制によって消費者金融から借りられなくなった人が銀行カードローンに流れてきているという面もあり、自己破産の増加につながっているという人もいます。

金利は安いけれど…

確かに銀行カードローンは即日融資可能な消費者金融に比べると金利は安いです。しかし、表記している金利は3.0〜14.0%など、幅があって、たくさん借りる人や、借入限度額が多い人ほど金利が安くなります。

そのため、ちょっと生活費が足りないから数万円借りる、という時の金利は意外と高くなってしまうのです。もちろん小額の借り入れの利息は大きな金額にはなりませんが、それでも割高の金利で借りているという意識は忘れないようにしましょう。

メニュー